鎌倉kamakura佐助 ぜんとうひろよ


鎌倉kamakura佐助 ぜんとうひろよ  祖先霊伝



Home
Welcome
あなたの心に花束を・・・
 ブログ→http://z-hiroyo.cocolog-nifty.com/blog/
花 イメージ 山里、鎌倉・佐助谷から スピリチュアルヒーリング
占い処鎌倉 スピリチュアルヒーリングの情報サイトです
Go
まぐまぐ発行無料メルマガで月に一度は霊性日盤・九星気学占術による今月のあなたの運気活気愛情運金運交遊運などをお知らせしています。右のフォームでご登録くだされば無料配信させていただきます。
無料メルマガ
メールアドレスを入力して
ボタンを押すと登録・解除
できます。

登録フォーム
解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。

What's new!!
< わたしは誰ですか−−−記憶です

私には忘れられない記憶があります。子供のころのことです。6歳か、7歳か、いくつかの年齢ははっきりしませんが、身体のサイズはとても小さかったように覚えているので、小学生1年生の早生まれの6歳だったと思います。

とつぜん、自分がどこからきて、どこへいくのかわからなくなったのです。

場所は生家の厠。(当時、厠は家の外で、独立した屋根がありました)へんだな、と思い母屋を振り返ります。母屋には母がいたからです。わたしはお母さんから生まれた子供のはずなのに、どうして、「どこからきた」なんて思ったのだろう。

前に向き直りました。目の前には祖父母がいる離れがあります。「どこへいくのか」って、なんのことだろう。学校とか、ピアノのおけいこ、おじいちゃんおばあちゃんのところじゃないよね。

目で見ている風景と、脳裏にうかぶ思いとが一致しない、奇妙な感覚でした。どこからきて………、あたまの後ろのほうに果てしない大きな空間が浮かびます。明るいのですがなにもありません。

どこへ………、あたまの前のほうに明るく広陵としたものを感じます。

だれもいない、広がりがあるだけ、大地のような砂漠のような、木々もなく、何かの形があるような世界ではありませんでした。厠の前で呆然と佇む少女は、もう一度お母さんのことを思います。でも、「どこから」はお母さんのお腹ではないようなのです。

なんだろう………、感じるままにしていると、過去と未来の空間の容量があまりにも膨大で、小さなわたしの頭では抱え込めません。不安になりました。わたしはここにいるけれど、いないのかもしれない、と感じたからです。

それから○○年と何ヶ月か、なぜわたしは鎌倉の佐助で霊能者の某女史(故人)と出会ったのか。

なぜ、シナリオライターなのか、なぜとつぜん、自宅の風呂場で「人生のシナリオは書き換えられる(あみだくじの選択肢を変えること)」と宣言したのか。

なぜ、シナリオの師匠が何気に呟いた、「シナリオを書くということは、神になるということだ」の台詞が脳裏から離れないのか。

師に「神になるということだ」と言われたとき「そんな大それたことはできない」と思ってしまった私は、その後シナリオを書くことに恐れを抱いてしまったのでした。

素直といえば素直、謙虚といえば謙虚、間抜けといえば間抜けのような感覚のわたしです。

わたしは誰ですか−−−スタッフXです
わたしは誰ですか−−−ブログです

Topics
花 イメージ きょうの鎌倉・お天気
東京の天気予報







-各地天気予報-

sample text
Go
一白水星
二黒土星
三碧木星
四緑木星
五黄土星
六白金星
七赤金星
八白土星
九紫火星
九星早見表
2009/10/01
占い処鎌倉HP更新しました。
2010/12/25
占い処鎌倉HP更新しました。

Copyright(C) 20xx DDN All Rights Reserved.(記述例です)